カサナルアニマル 今日もカサナリたくて

動物の突然変異。
みにくいアヒルの子のように仲間から虐げられる中で、
同じ境遇の仲間をみつけ、互いの孤独を分かち合うにように寄り添い続けた結果、
どんな隙間でも重なることが出来る薄っぺらい形状に変化を遂げる。
彼らは「カサナルアニマル」として、
重なる事で更なる独自の進化をし続けている。